トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

梅雨の散歩道

Tuyunosanpomichi_r Canon PowerShot G9

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

路地猫のつぶやき

続・無為な生活の記録

Neko_2_r

Canon PowerShot G9

モデルなう

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

望郷の念

Oyazi_umi_r

Canon PowerShot G9

人はDNAの奥底に組み込まれている帰巣本能が働くのか、我々の遠い祖先の故郷であるとされる海に対し、望郷の念にかられることがあるようだ。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

静かな漁港

Gyokou_r

Canon PowerShot G9

わざわざ出掛けて撮った訳ではない。家から四、五分の距離、つまり〝お散歩圏内〟でのスナップである。オレの住む〝西戸畑地区〟は、所謂「ウォーターフロント」地区であるが、どちらかというと、新日鐵八幡製鐵所のイメージの方が強いように思う。しかし、かつてこの地は日本水産のトロール基地であり、鯨肉が揚がっていたという。現在は魚肉ソーセージの生産がメインの日本水産戸畑工場も、昭和30年~45年までの間は鯨肉入りハムソーセージが生産されていたらしい。その隆盛を極めた頃の面影もだんだん薄れて、今ではひっそりとした小さな漁港と化している。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

自由奔放

Yanenouenoneko

Canon PowerShot G9

オレの知り得るペットの中で、おそらく猫ほど自由気ままな立場の生き物はいないんじゃないかと思う。実際に飼い猫の立場でも、その行動範囲は自由無碍のようである。町でみかけても飼い猫か野良猫かの判断がつかないことが往々にしてある。オレは今まで、リードに繋がれている猫というのを三度ほどしたみたことがない。やはり奇異に写るのか、そういう光景に出会うと、しばらく目で追ってしまう。それほど、自由奔放なイメージの強い猫の生き様(?)に、時折羨ましくさえ思うことがあるのであるw

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

佇む

Tatazumu_r

Canon PowerShot G9

相も変わらず、また海辺の写真。

オレはそのカテゴリーの写真を撮り始めると、ついそればかりに偏ってしまう。そして今までは、重いオプションレンズやフィルターを使用した撮影がほとんど(とはいっても、大した撮影はしていないが…。しかし、ご承知の如く、RAW現像した後レタッチは施している)だったが、最近はそういった類は使用せず、身軽に、まさに〝お散歩写真モード〟で撮るようにしている。本当は今までと違った視点で近所の路地散策などやりたいのだが、何せ前日記で述べたように、ご近所の目が気になって仕方ないw よって、人目を気にすることなく撮れる無難な場所、〝海辺〟に、つい来てしまう。

今までは、この場所から夕景を撮ることばかりだったが、ここに訪れる人々の様子を観察してみるというのもおもしろく思えてきた。

今回アップした写真に写っているおじさんは、時折顔を動かすくらいで、結構長い間その場所に佇んでいた。隣の外灯のポールと同じく以前からずっとそこにいるように…

次回作は〝脱・海辺〟で望みたい。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

寄り添うふたり

Yorisoufutari_r

Canon PowerShot G9

おそらく、ほとんどの人が海に魅せられることだろう。ましてカップルなどは特に然りである。デートでの〝お決まり定番スポット〟に必ずといっていいほど海は挙げられる。

何故、人はそこまで海に魅せられるのか? 

以前、何かの本で「人間を含めた全ての生物が生まれたその故郷(海)への帰巣本能が記憶のどこかに残されているから」だというのを読んだことがある。すごく説得力のあるその言葉に〝なるほど〟と納得させられた。

だから、人目を憚ることなく、片手に手をまわしたり大胆になれるのか?センチメンタルになったりするのか?

理由は定かではないw

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

お散歩写真に思うこと

Tokoyamae_r_2 Tenboudekki_r_2 Hisyou_r

Canon PowerShot G9

〝お散歩写真〟というと、「気ままに」とか「気軽に」という軽いイメージがあると思う。確かに前ブログを始めた頃は、ケータイカメラで近所の至るところをパチパチ撮りまわっていた。全く人目なんて気にせずに…

ところが最近、その〝気軽なお散歩写真〟が、オレにとってどうも気軽ではなくなりつつある。

というのは、人目が気になりだしたのだw  まぁ、元来、気の小さい性格なので当然といえば当然なのだが…

先日もカメラ片手に近所を散歩していて、路地裏に猫を発見した。すごく風情のあるその場所で、猫の位置も構図としてよかったのでカメラを構えかけたのだが、オレの前を歩いていたおばさんが振り返ったので、思わずカメラを引っ込めてしまったwww

これも、人目を気にしての恥ずかしさからと、昨今のカメラ付きケータイの普及や盗撮問題等で、世間がプライバシー(肖像権)の侵害に過敏になっていることを意識しての条件反射とで、ついこのような動作に出たのだ。(この肖像権に関して調べてみると、公道など公的生活領域での撮影は、承諾がなくても肖像権を侵害したことにはならないそうだ。とはいえ、撮るその写真の内容には、マナーやモラルといったことが当然求められてくる)

お散歩写真等のいわゆる〝スナップ写真〟に人が入るのと入らないのとでは、その作品(?)の性質はがらりとかわってしまう。よってオレも、常に〝隙在らば(?)〟とチャンスを窺っているのだが…

そんなこんなで、オレのお散歩写真はつい、静物ばかりになってしまうのだ。

写真家(オレはあくまで趣味の範囲だが)って、みなさん神経図太いんですかね?(失礼)

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

干潟にて

Sonehigata_r

Sonehigata_2_r Sonehigata_3_r_2

Sonehigata_4_r

                                 

Canon PowerShot G9

先日、近くまで行く機会があったので、曽根干潟に立ち寄ってみた。

市内最大といわれるこの干潟は、まさに圧巻もの!

聞くところによると、江戸時代から干拓が行われてきたとのこと。

オレ以外にも仕事の途中とおもわれるサラリーマンがちらほら見受けられた。

ゆっくりとまた来てみたい。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

移転しました!

Funadamari_1Funadamari_2

                        

Canon PowerShot G9 + marumi 58mm CP.L

FC2から移転しました!

今まで同様、だらだら続けていこうと思います^^

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年7月 »